イタリア旅行記 Part.1

2019.9

今回はお母さんと2人でツアーを利用して、イタリアに行ってきました。
母はこれが初めてのヨーロッパだったので、きっと感動するだろうと思っていたので反応が楽しみでした。ずっと一緒に行きたかったので、また1つ夢が叶った旅でもありました。

 

 

 

◇ 出発

イタリアは日本から約13時間の飛行機の旅です。

 

前回ドバイに行った時、安かったのに悩んだ結果ビジネスクラスを選ばなかった事をとても後悔していたので、今回は頑張ってビジネスに乗りました。
大正解でした。最新の機体に乗れ、席が初めての半個室タイプで、今までで一番快適な空の旅となったのでした。

空港のラウンジで仲良くなったスペイン人のジョセフ。
ちょうど混み合っていた時間帯で席が全く空いておらず、困っていた私と母を自分たちの席へ招き入れて下さいました。
英語が堪能で、仕事でイタリアに来ていました。これからマドリードに帰ると言っていました。
飲み物を取っていなかった私達に友人のワインを下さり乾杯し、お互いの家族の話で盛り上がり楽しい時間を過ごしました。そして時間が来たので先にお別れをし、ほろ酔い気分での出発となりました。

ビジネスクラスは搭乗前のラウンジから始まり目的地へ降りるまで、とにかく食べ物に恵まれているので節制するのが大変です。
お腹が空いている時、特別おいしそうなものがでた時以外は食べないようにしました。勧められても断るように心がけました。
贅沢な話ですが、今の私にとっては旅行が人生の楽しみであり心から幸せを感じられ、前向きになれる時間であるので、当分は物よりもこういうところにお金を使いたいという思いです。

 

 

 

◇ イタリア到着!

今回は、ローマ、ヴァチカン、ヴェネチア、フィレンチェ、ピサへ行きました。

9月の気候は日本とほぼ同じでとても快適です。
1日だけ天気が崩れましたが、1日中ずっと降った訳ではなく、降ったり止んだりを繰り返したお天気でした。

服装も夏服にカーディガンとジージャンを持って行きましたが、それで調節する感じでちょうど良かったです。

移動はバスなので傘や上着など、余分な物はバスへ置いて観光ができ便利でした。

 

 

 

◇ ヴェネチア

今回行った街の中で一番良かった場所が、ヴェネチアでした。
水の都と言われるように、海から繋がった街はとても綺麗で映画の世界に入り込んだような世界でした。

お天気に恵まれたなら、有名なゴンドラには乗るべきです。
チップは降りる際、1人1ユーロを払いましょう。

ヴェネチアには、とてもロケーションの良いテラス席があるレストランがたくさん並んでいます。ですがそれらのレストランは値段が高いです。
超高級ホテルもあります。
そこにはブラピとアンジーが撮影期間中に滞在しており、普通に子供達を連れて街を歩いていたそうです。絵になりますね。

私は街の奥の方にあるレストランで、イカスミパスタと魚介のフリットを食べました。美味しくて満足です。


細い路地を進んだ奥には美味しそうなピザやパスタのお店があるので、そちらもオススメです。ですが、同じような石畳の路地ばかりなので、迷う可能性は大です。WIFIが使えるなら行ってみるのも有りですね。

そして食後に念願のジェラートを物色。


サン・マルコ広場にあるジェラート屋さんで、並んでいなくて美味しそうなお店を選び、贅沢に3種類のチョコレートコーンをチョイス。


ピスタチオとキャラメルとミントチョコを選択しました。どれも濃厚で、めちゃくちゃ美味しかったです。ジェラートの価格は日本と変わらないので毎日食べたいくらいでした。

 

 

 

 

◇ ピサ

『ピサの斜塔』も見に行きました。
ピサは少し離れた場所にあるので、ピサの斜塔の為に1日潰れます。

誰もが知っているピサの斜塔は実際に見ると、思っていた以上に傾いていました。登ることもできますが、とても厳しい入場制限があり、時間厳守となっています。カメラと携帯以外は持ち込み禁止なので、持ち物はカバンごと全て専用のロッカーへ預けなければいけません。

いざ登ってみると石の階段は狭く硬く、すれ違うのがやっとの螺旋階段でした。
その上、傾きがあるせいで平衡感覚はおかしくなり、お年寄りの方や体調がすぐれない方には大変酷だったと思います。

世界中どこにでも高いヒールで行く私でも、ここはスニーカーじゃなければ登れなかったと思います。何しろ階段自体が人の行き来のせいで中心部分が削れているので本当に危険なのです。下りも危険です。滑って転げ落ちたら終わりです。
安全に登りきると、素敵な景色が広がっています。


階段の危険さには驚きましたが、せっかくピサにまで行ったのだから登ることができて良かったです。
頂上へは2段階式になっており、一番上の鐘の場所へ行くには更に狭い石階段を登る事になります。そこはすれ違うのが困難なので譲り合いが必要です。

ピサのレストランで、ラザニアと豚肉のソテーを食べました。
ここで食べたラザニアがめちゃくちゃ美味しくて感動しました。チーズが美味しかったのか、今まで食べたラザニアとは別物でした。

 

 

◇ フィレンチェ

フィレンチェでは街散策をしながら大聖堂を見たり、美術館へ行ったりと芸術に触れました。
フィレンチェの日が唯一の雨の日でした。

美術館ではレオナルドダヴィンチの作品や有名なヴィーナスの誕生、ミケランジェロの彫刻など、見応えのある作品が次から次へと現れる贅沢な空間でした。

入場口には行列ができており、かなり並びますがせっかく来たのなら足を踏み入れた方が良い空間だと思います。
一般と団体で別れているので、こういう時にツアーは助かると思いました。

そしてイタリアで購入したいと思っていた革製品のお店にも行きました。
路地などに安く売っている物はほとんどが合皮の中国製らしく、店員の方にイタリア製だと言われても信じてはいけないようです。

私はグローブを1万円ほどで購入しました。
本当は黒ではなく、ブルー系かパープル系のカラフルな色のグローブが欲しかったのですが、そこにはありませんでした。

思い出にもなるし良いものなので長く使えそうで、大満足です!!

 

 

ローマは次に書きます。

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive