北海道のドライブは最高☆(札幌〜知床)

2019.7

フェリーで小樽に降り小樽で一泊しました。温泉に入って体を癒し、札幌に移動して札幌でレンタカーを借りました。小樽から札幌までは約40分くらいです。
電車かバスでも簡単にいくことができます。

 

◇ 札幌でレンタカーを借ります。

オープンカーをレンタルしました。
季節のいい7月のこの時期はオープンだと凄く気持ちがよくて、選んで良かった〜と思えるハズです。

北海道は絶景が広がっています。
空も綺麗で風も気持ちいいので、試してみてください。

今回お世話になったレンタカー屋さん。
実は帰りが遅くなって、時間を2時間も過ぎて帰ったのに延長料金は無しにしてくれました。とても優しいレンタカー屋さんでした。

>>>WASHIDAレンタカー

 

 

◇ 知床へレッツゴー!

札幌から知床までは高速道路でほぼ1本道です。

高速道路で旭川方面へ乗れば、だいたい4時間はただただ前へ進むだけです。最終的には勝手に高速が終わるので、そのまま従って降りればいいので簡単です。2019年7月時点では、最後の方、高速はナビではまだできていない作りたての道になるのですが、ナビは無視して高速を突き進みましょう。

途中サービスエリアに寄り、トイレ休憩。
太陽が出てくると一気に暑くなり、北海道の日差しは強いのかすぐに日焼けをします。焼けたくない人は日焼け止め必須です。

たまたま寄ったサービスエリアでしたが、日本最北のSAだったみたいです。
大好きなソフトクリームを食べてまた出発です。ソフトクリーム、安くて美味しかったのでオススメです。

 

途中でお昼を食べるために『旭川』で降りました。
”旭川ラーメン”という名物があるらしく、食べてみました。

”北海道=みそラーメン”だと思っていた私は、しょう油ラーメンだった事に驚きましたが、それは『札幌ラーメン』だと突っ込まれて納得。

旭川ラーメンはしょう油味の正統派なラーメンでした。

また高速に乗り直し、今度は一気に知床まで行きます!

途中途中の看板に、聞いたことのある地名や漢字の読み方が分からない地名が出てきます。こうして実際に来ないと、北海道の地図は覚えられません。
夕張メロンで有名な場所はこの辺か〜とか、十勝って温泉があるんだ〜とか、一気に覚えました。私は今まで北海道の知識がほぼ無く、札幌と函館の場所くらい知りませんでした…w

 

◇ 知床に到着

約4時間後、高速道路が終点を迎え下道になりました。
今は高速を伸ばしている途中のようで、最後の方は無料だったと思います。

車を走らせていると、観光バスが止まっている場所があったので私も降りてみる事に。

『知床連山』という場所で、遊歩道があり馬がいてアヤメの花が咲いていました。1両編成の電車が通る線路があり、売店も少しありました。

ここで昆布を買いました。
昆布は実は北海道のお土産でオススメです。かなり安く良い物が手に入り喜ばれます。5本で1080円でした。同じものをイオンで買ったら1〜2本しか買えないでしょう。しかもこちらの方が新鮮なので味も美味しいのではないかと思います。売っていてもだいたい4本で1000円なので、5本はかなりお得だったと思います。

北海道土産は甘いものばかりになってしまうので、昆布はオススメです。

下道で要注意なのは、お店が無いのでトイレはなかなかできないという事です。
コンビニがあったらとりあえず寄っておくと良いでしょう。
次でいいかな〜と思って通り過ぎると、次は隣町まで行かないとお店が無かったりします。都会の感覚でいると大変です。

 

◇ ホテル『北こぶし』

知床の海沿いを走っているといきなり宿泊施設がたくさん建っている場所に来て、そこの1つである『北こぶし』というホテルに宿泊です。

名前は和風のホテルですが、中は綺麗でオシャレな造りで、デザイナーが入っているかの様なホテルです。スタッフの方の笑顔や接客も大変良く、満足できるホテルでした。

車を付けて荷物を渡し、駐車をしてもらいチェックインをして部屋に向かいます。


部屋には必要最低限の物が全て完備されていますが、感動したのはコーヒー豆の焙煎器があった事です。


焙煎器があるホテルは初めてでした。最近はだいたいエスプレッソマシーンです。これは本当に良いアイデアだなと思って感動しました。

美味しいコーヒーと知床の海を見ながら入る露天風呂に癒されました。

部屋にも露天風呂が付いています。
暖炉もあるので、寒い冬にオホーツク海の流氷を見に来てもここに泊まれば暖かそうでした。

私は次の日に遊覧船に乗る予定だったので、こちらのホテルから乗り場までは歩いて行ける便利な距離でとても便利でした。
目の前の船場に遊覧船が停まっています。ここは、知床で一番良いホテルだったかもしれません。

食事は夜も朝もバイキングでした。
が、こんなに広く種類が豊富なバイキングは初めてでした。

席数やテーブルの数も多いので、人数が多くてもそんなに並ぶ事なく回転していました。家族連れの方やたくさん食べたい方は満足できると思います。

お酒は別途料金です。

とても優雅で満足な居心地の良いホテルでした。


(ホテルに未来郵便局がありました♡)

 

 

◇ 遊覧船

次の日、遊覧船に乗り知床半島の先の方を見に行きました。

予約は事前に取って無く、朝ホテルで取ったので乗りたかった小型の船には乗れず『おーろら』という大きい方の船に乗る事になりました。

一番良い席は外の席です。
前方向かって右側に知床が見えるのでそちらにスタンバイしましょう。

船内には有料の席や無料のソファー席もありますが、そこまで寒くもないので上の席の方が良かったと思います。売店もあります。

世界遺産の知床半島を海側から見ると、手付かずの大自然に圧倒されます。
日本じゃない様な景色が見れました。

 

去年トリニダード・トバゴに行った時にトバゴ島で乗った遊覧船を思い出しました。同じ様な遊覧船ですが、カリブ海と日本では見える景色も雰囲気も、何もかもが全く違ってしまうのだな〜と思いました。

>>> トバゴ島で『ボートクルージング』

 

知床の遊覧船もオススメです。
夏でも防寒対策は必要でした。

 

 

◇ 知床五湖

ホテルをチェックアウトして、『知床五湖』を見に行きました。

ここは2コースあるのですが、私は簡単に短いコースへ。
大自然の中の遊歩道を歩いて行きます。

ここで奇跡が起こりました。
ヒグマの親子を見ることができました。

たいへん珍しい事なのでラッキーでした。
写真だと本当に小さくしか写らず残念でしたが、ずっと肉眼で見える距離にいて、長時間見ることができました。

母親の方は本当にパンダの様な顔で可愛かったです。子供の方は真っ黒でこちらをチラチラ見たりして気になっていた様子でした。

熊って怖いイメージしか無かったのですが、とっても可愛くて愛らしい姿にイメージが変わりました。

きっと知床に来たらみなさんココには来ると思います。
ヒグマに会える可能性があるので探してみて下さい。ちなみに当たり前ですが、ちゃんと遊歩道には登ってこれない様に鉄線が引かれていて守られているので安心して下さい。
というか、人間の方がおじゃましているわけで、ここのヒグマ達は人間にはあまり驚かず興味も示さないので、他の動物と同じ様に見ているのかな〜という感じでした。

北海道に来たら『知床』はかなりオススメの場所でした。
本島では見られない大自然を満喫できる場所の1つです。

知床はまた来たいです。
今度はホエールウォッチングなんかしてみたいな〜。

 

 

 

 

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive