湯布院で温泉と観光〜ホタルに感動〜

◇ ゆふりん

2日目は”別府”から”湯布院”へバスで移動しました。

私は別府の『鉄輪温泉』に滞在していたので、別府の中では山寄りで”湯布院”に近い場所にいました。

鉄輪温泉だと、電車より断然バスの方が便利です。
”ゆふりん”というバスが運行しているので、そちらの利用で40分くらいで湯布院に到着です。

>>> 別府温泉 滞在記

別府温泉と湯布院の間には山があり、”ゆふりん”はその山を越えて行くので、絶景を見ながら移動ができました。


間の山は『鶴見岳』といい、有名な『別府ロープーウェイ』『城島高原パーク』などがあります。それぞれバスの停留所があるので、そちらで乗り降りされる方達もいました。
この時はちょうど季節が良かったので、登山客も多かったです。
とても美しい山で高原が広がっていました。

 

 

 

◇ 湯布院へ到着

”ゆふりん”は最後”湯布院駅”のバスセンターまで行くのですが、私は『金鱗湖』に近い場所の宿を予約していたので手前の『湯の坪』で降りました。

『湯布院駅』から『金鱗湖』までは歩いて20〜30分くらいかかります。
なので、バスの場合は泊まるホテルに寄って降りる停留所を調べておいた方が良いです。

私は全く土地勘が無かったので、バスに揺られながら”google map”を見ていて、近くにきた時にボタンを押しバスを降りた感じです。
普通の道のへりにいきなり降ろされた感じでしたが、大正解でした。
危うく湯布院駅まで行ってしまったら、荷物もあったのでタクシーで通った道を帰るようにして宿まで行っていたと思います。

バス停から歩いてホテルにいき、チェックイン前の時間だったので荷物だけ預かってもらって湯布院観光に行きました。

 

 

◇ 湯布院観光 オススメ『人力車』

湯布院で人生初の”人力車”に乗ってみました。

まずいきなり人力車に乗って、湯布院の全体像を把握した後に歩いて散策する!ということで、人力車の乗り場を探してみました。

簡単に見つかるかと思いきや、思った所には無く歩いていても見つかりそうに無かったので電話をすることに。
私は乗り場や受付場所があるのかと思いきや、現在の居場所を電話で伝えるとすぐにそこまで来て下さいました。タクシーみたいです。

乗り場も降り場も自由に決める事ができ、コースと時間も話しながら決める事ができました。

私は2人で”30分、9000円”のコースと”45分、1万3500円”のコースで悩み、せっかくだから45分の長い方に決めました。

人力車に乗ると快適なだけでなく、会話をしながら観光スポットへ連れて行ってくれるので人によっては穴場のお店や地元の情報が色々と手に入ります。

所々で撮影が行われるので、とても綺麗な写真が撮れて良い思い出になります。

お話をしたり観光名所の説明を聞いたりしていると、45分もあっという間に終わってしまいました。

決して安くはないですが、とても良い思い出になります。
今度は外国の友達が日本に遊びにくると言っているので、そんな特別な時にまた利用しようと思います。

湯布院だけでなく、京都や北海道など様々な観光地に同じグループの人力車があるようで、割引券やステッカーをいただきました。

ぜひ一度は乗ってみて下さい。

>>> 人力車のえびす屋

 

 

 

◇ ほたるの宿 仙洞

今回、湯布院で泊まった宿は『金鱗湖』に近い川沿いの場所にある『ほたるの宿 仙洞』です。

湯布院駅からは少し距離がありますが、観光ストリートの『湯の坪街道』から少し入った場所で、徒歩ですぐに行きたかった場所に行ける便利な場所でした。

初めてだと場所が少し分かりづらいのですが、入り口から美しい庭が広がり、とても雰囲気がよく隠れ家のような所でした。

宿内にお風呂は貸切の家族風呂が5つあり、24時間空いていたらいつでも入れます。もちろんそれとは別で露天風呂もあります。

私は露天風呂付きのお部屋にしました。
こちらは半露天なのでもしも雨が降ったとしても大丈夫です。
ちょうど梅雨の時期だったので心配していましたが、見事に天気が良く最高の気候に恵まれました。

 

 

ここはなんとビールか飲み放題です。
お風呂場にビールサーバーが置いてあり、勝手に注いで飲めます。

他にもコーヒーとお茶とお水もありますが、ビールが飲み放題は初めてだったので驚きました。

お部屋にはエスプレッソマシーンもありました。

 

 

◇  ホタルが見れます!!!

もし梅雨の時期ですが、6月に湯布院に訪れるのであれば私はここの宿を強くオススメします。

なぜなら、夜になると目の前の川でホタルがたくさん見れるからです。

宿名が『ほたるの宿』と書いてあるのにホタルが見れるなんて全く思ってもいませんでした。

スタッフの方に聞いて夜散歩に出てみたのですが、まさかこんなにもいっぱいいるとも思っていなかったし、感動しっぱなしでした。

クリスマスのイルミネーションのように綺麗で、優しい光と川の流れる音に癒されてずっと見ていられました。

知っている人は、ホタルを見に毎年この時期に湯布院に来ているそうです。
その人によると、これでも年々減っているということでした。

 

こればっかりは本当にラッキーだったなと思います。
天候にも恵まれ、色々と悩んだ結果選んだ宿だったのですが、知っていたら迷わずココに決めていたでしょう。

 


周りにもたくさんお宿はあるのですが、ここはリーズナブルに泊まれるオススメな場所です。

夜ご飯に出た鮎が嬉しかった〜。冬は魚の種類が変わるみたいです。

 

 

◇ 湯布院は誘惑がいっぱい!

別府は本気の温泉地に対して、湯布院は程よく設備が整った観光地という感じです。


湯布院駅から金鱗湖までの『湯の坪街道』に沿って、両脇にお店が連なっています。お土産物屋からスイーツショップに雑貨屋にカフェや足湯があります。
温泉につきものの”マッサージ店”はあったら行きたかったのですが、見つけられませんでした。
宿にも無く、別府で泊まった『おにやまホテル』でマッサージをしても良かったな、と思いました。

湯布院は”湯の坪街道”一本に人が集中してたくさんいます。
この通り以外に行く場所が無いということなのですが、コンパクトで見やすく観光客の私にとっては悪く無かったです。

そこを抜けると金鱗湖の脇には美術館があったり、少し落ち着いた静かな場所に変わります。金鱗湖の横のオープンテラスは気持ちよさそうでした。レストランかカフェのようでしたが、気候のいい日だとゆっくりといい時間を過ごせそうです。

>>> カフェ・ラ・リージュ

あと穴場でオススメなのが、湯の坪街道の途中にあったお土産物屋さんで、賞味期限が近くなったものを半額以下で売っているお店がありました。
散策中に見ていた同じものが、半額やそれ以下で売っているので気になっていたものをそこで購入しました。
コンビニが近くに無かったので、夜食のおつまみや自分用のお土産に最適でした。
湯布院駅と金鱗湖の真ん中より金鱗湖寄りの方にあったので気になる方は探してみて下さい。激安です。

 

 

 

◇ 湯布院から博多へ

1泊2日の湯布院でもしっかり温泉を楽しみ満足して、あっという間の帰り道ですが、途中に博多に寄り道をして帰ります。

帰りの電車も楽しみだった”ゆふいんの森”に乗ります!

>>> 別府で地獄めぐり

 

 

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive