増永眼鏡を購入

最近『増永眼鏡』という”made in japan”のメガネに出会いました。

伊達眼鏡が欲しくてたまたま寄ったメガネ屋さんに、オシャレなメガネがたくさん並んでありました。
どれが似合うか全くわからなかったので、良いな〜と思ったデザインのメガネを片っ端からかけていき、5本まで絞りました。
その中から2本に絞り、迷った結果選んだのが『増永メガネ』でした。

◇ かっこ良すぎるこだわりのデザイン

一見他にもありそうなデザインなのですが、見る人が見れば「おっ!」と思う細部までこだわったデザインです。

一番のお気に入りポイントは家紋が入っているところ。
ここは普通は見えない部分ですが、こういう誰にも気づかれない場所に実は…という細かい部分に私は惹かれてしまいます。
見れば見る程好きになれるデザインです。

メガネケースにも入っています。カッコイイ♡

そして宝飾品を思わせる彫刻が大人です。
横からのアングルでもオシャレ。

日本のモノづくりの素晴らしさが前面に出ているようです。

◇ 掛けやすさ

最後の決め手となった他のメガネとの大きな違いは”掛けやすさ”です。

このメガネはかけている事を忘れるくらい、かけ心地が良いです。
私には何故だか分からないのですが、20本くらい試着した中でこのメガネだけが不思議なほどしっくりきて違和感もなく、顔との接着部分が全く痛くなかったです。

これが単に私の顔に合っていたからなのか、どうかは分かりませんが、とにかくつけ心地が段違いに良かったです。

どんなにデザインが気に入っても、掛け心地が悪いと結局愛用しなくなると思ったので、長時間かけていても違和感の無いこちらに選びました。

本当に他と全然違ったので驚きです。

◇ 高田賢三さんデザイン

後で調べて分かったのですが、ファッションブランドの『KENZO』の創立者である”高田賢三さん”が増永眼鏡とコラボしてできたラインだったみたいです。

しかも2014年に、フランスで行われる眼鏡の見本市「シルモドール」サングラス部門でグランプリを受賞しています。

なるほど。日本のデザイナーと技術者のコラボだったわけですね。
だからこんなにオシャレでかつ、つけ心地も抜群だったわけです。

これは世界に通用するメガネでした。
一生大切にできるメガネを購入できたのだな、と思いました。

◇ まとめ

大人になるにつれ、良い物を求めていくものです。

アイウェアにしても、そうした感覚で行き着く所にこの『増永眼鏡』があるのかもしれません。

こちらの”高田賢三コラボライン”は決して安い買い物ではありませんが、そういった良いメガネを求めている人にとっては後悔しない買い物になると思います。

他のメガネの倍の値段がしましたが、私はこのメガネに出会えて良かったと思っています。
これから一生大切に愛用していきたいと思います。

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive