ずーっと見たかった『オペラ座の怪人』をバンクーバーで見た!

皆さんオペラは好きですか?ミュージカルは好きですか?オーケストラ舞台ライブコンサート。
私は全部大好きです!生きている限り、なるべくたくさんの素晴らしい公演に足を運べたら最高だなと思っています。

そんな中、ついにずっと前から生で見る事を夢見ていた『オペラ座の怪人』に行く事ができました!

 

今回は本当に幸運でした。
もともとのバンクーバーの目的であった『ウィスラーへのバイクトリップ』が、急遽バイクの故障でダメになり、予定が全部なくなってしまったので、何気なくバンクーバーで開催されるオケやミュージカルのイベントを調べてみたのです。
すると、『THE PHANTOM OF THE OPERA』の宣伝が出てきて、日にちもピッタリ、場所も徒歩圏内と奇跡の条件だったのでした。

 

 

調べたのが出発の前夜だったので、現地についてから詳しく調べようという感じで日本を出発したので、その時点ではまだ見るかどうかも決めていませんでした。

現地に着き、なんとなく予定が立ってきてちょうど時間もありそうだし、「やはり見に行くしかない」と思ったので早速チケットの購入方法を探りました。

まず普通にオンラインで予約するか、チケットセンターに行って購入するか、それとも劇場の窓口で購入するか。
この3つの中では、オンラインかチケットセンターかなと思いました。
できれば安く買える『ラッシュチケット』がいいなと思ったので、チケットセンターに寄ってみました。

 

(カナダプレイスに大きな船が止まってた☆)

 

バンクーバーのチケットセンターカナダプレイスの向かいにあり、そこで
「オペラ座の怪人のチケットを探していて、安く購入できる方法はないですか?」
と聞いて見ました。

すると、センターの人が
「当日余っていたら購入できるラッシュチケットというのがあるけど、オペラ座の怪人は人気だから売り切れるかもしれないわね。ラッシュチケットは、当日劇場の窓口まで行かないと分からない。だから見られない可能性もあるからオススメできないわ。前もってオンラインで購入するのをオススメします。」
と教えてくれました。
なので私はちゃんと予約をしようと決めたのですが、そこのチケットセンターでは『オペラ座の怪人』は販売していなかったので、オンラインで予約する事にしました。

オンラインでのチケット購入は初めてだったのですが、というか、そもそも外国でミュージカルを見るのは初めてだったのですが、しっかり画面に従って進んでいけば問題なく購入できました。

それからは嬉しくて楽しみすぎて、本当にワクワクしていました。

 

(楽しみすぎて、前日に会場を下見に来てしまった。)

 

 

◆ いよいよ開幕『オペラ座の怪人』

当日、お友達とランチとお茶をしており開幕ギリギリに到着したのですが、オンラインで予約していたので窓口はそのまま通りすぎて会場に入れました。

 

スマホであらかじめ取得した、予約のQRコードを入り口に立っているセキュリティー方に見せ、「ピッ」としてもらえばそれで入場できます。

中にはすでにたくさんの人で溢れていました。
たくさんの人がドレスアップしており、写真を撮ったりドリンクやポップコーンなどをバーで買っていたり。(実は私、こういう場所で食べ物を食べながら何かを鑑賞するという事をした事がありません。例え映画館でも。どうしてみんなが当たり前のようにポップコーンを食べるのか。全く理解できない。)

 

私も一通り中を見て、自分の席に向かいました。

ちょうど席について10分後くらい、少し予定時間より遅れて開幕。

目の前で、YouTubeで何度も見た光景と音楽が流れ出しました。
幕が上がった瞬間から一気に引き込まれました。感動でした。1秒も目を離したくない最高に幸せな時間でした。

演出も歌声もオケの演奏も舞台セットの仕掛けもバレエの踊りも、全てが良くて一体となり、2部制の2時間半の公演でしたが、終わりに近付くに連れて「まだ終わらないで〜」と心の中で願いました。
クライマックスの20分間はずっと涙が止まりませんでした。

周りの人は誰一人泣いていないし、そもそも『オペラ座の怪人』はそんな泣くようなストーリーでもないと思うのですが、私の場合は色々な感情が混ざってしまい、もぅ記憶にないほど久しぶりに泣きました。
夢が叶った嬉しさ”と、”まだこんなに感動できる事が私にもあったんだな”という思いと、『オペラ座の怪人』の”美しすぎる世界”に入り込みすぎての号泣でした。

 

今回はたまたまバンクーバーで見る事になったのですが、ミュージカルや舞台を目的に海外旅行もアリかもしれないと少し思いました。やはり本場のニューヨークシカゴでは見たいですし、アメリカ以外でも世界中で講演されているわけだし。

 

それに今回実感しましたが、海外での楽しみの一つとして常に頭に入れておくべきだと思いました。今まで世界遺産美術館クラブショッピングスポットなどは調べていたのですが。。。

今回バンクーバーで、こんなに素敵な発見ができました。

 

やはりこういう経験ができるので、海外旅行はやめられません。
次の旅行も実はもぅ考えていますが、また決まった時に書きたいと思います。

そういえば、米倉涼子さんの舞台『CHICAGO』がまたブロードウェイで開催されたみたいですね。
行けるものなら行きたかった!米倉涼子さん大好きです。初めて見た舞台は『黒革の手帖』でした。

私はパワーをもらえる人や場所にとても惹かれます。

またこんな出会いに、これからもたくさん恵まれますように。

 

Thank you god…

(この有名な曲の最後のクリスティーの叫び声のような歌声は圧巻でした。声の波動がそのまま伝わってきて、これは生でないと分からない体験です。ブラボー!)

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive