パリの縦列駐車

フランス・パリといえば何が思い浮かぶでしょう。

 


美しい街並みやファッション、美味しいパンやデザートに芸術品などなど、おしゃれなイメージのものがたくさん思い浮かびます。そんな中私はエッフェル塔と同じくらい、「これこそパリだな〜」と思うものがあります。それが街中の至る場所で見る『縦列駐車』です。

 

 

私が初めてパリに行った時に衝撃を受けた1つです。
縦列駐車以外にも、入国を終えてすぐに空港で見た”警備員のポイ捨て”も相当な衝撃でした。美しい街並みとおしゃれなイメージを思い描きながらの12時間の空の旅のすぐ後に、一番最初に見たパリが”ポイ捨て”でした。街に出てみれば、歩きタバコとポイ捨ては当たり前のようだったので納得しました。今は喫煙所もあるので少し変わりましたが、それでもやはり日本ほどの厳しさはありません。

 

話を戻してパリの縦列駐車ですが、とにかく「いったいどうやって駐車したの???」って疑問を持たずにはいられないほど車と車に隙間が無いです。たまにくっついています。どう見ても出られません。
本当に本当に不思議な光景なのですが、ある時カフェの窓際で休憩していると目の前で、どう見ても車体と同じほどの隙間しかない場所に、まさに今から駐車しようという場面に出くわしました。

 

        

もちろん私は釘付けとなり、ワクワクドキドキしながら見守っていると、なんと思いっきりバンパーをぶつけて隙間に入ってきました!なんなら車をぶつけてスペースを作ったと言った方が正しいです。
隣にいた外国人カップルも「Oh!! God!!!」と頭を両手で抱えるナイスなリアクションでした(笑)
パリでは当たり前なのでしょうが、やはり外国人からすると驚きの光景です。それから気をつけて車を見てみると、高級車や値打ちのある車以外のバンパーはだいたい傷付いており、パリの人にとってバンパーはぶつけたりぶつけられたりする場所なのだな、と私は理解しました。

 

それから私はパリに行くと、この縦列駐車を見ると「あ〜、パリに来たんだな〜。」と感じるようになったので、エッフェル塔と同じくらい見るのが楽しみとなっています。

「I LOVE PARIS♡♡♡」

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive